大学延長戦

大学4年生にして就活を1年辞めることを決意しました。この1年で感じたことを書きます。働くことと親子関係のことがメインです。ときどき本の感想も書いてみます。

【感想 ネタバレあり!】ウォーク・イン・クローゼット 綿矢りさ

女性のみなさん、お洋服は好きですか?

私は大好きです。
新しい服を買う時の高揚感は
何物にも代えられません。

お洋服が好きな方、仕事や恋愛がうまくいってない方、
また、自分に似合う服が最近分からなくなった方に読んで欲しい本です!

『ウォーク・イン・クローゼット』 綿矢りさ 
【あらすじ】
モテ服を身にまとう主人公早希と、その幼馴染で人気タレントのだりあ。
だりあの秘密を知った早希は、マスコミからだりあを守れるのか?
早希の恋の行方は?

私的、おすすめポイントをいくつか紹介します!

f:id:etangsept:20180618130039j:plain

読んだ後元気になれる!

綿矢りささんの作品の好きな所です。
「女の子に生まれて大変な時もあるけど、
私のための人生を強く生きよう!」
って思えます。
物語で人を元気にするってすごいですよね。

主人公の早希は、初めのころ
自分じゃない誰かの評価ばかりを気にして服を選んでいますが、
物語の最後にはその状態を抜け出せます。

そんな姿を見ていると、私も
誰かのためじゃない、本当に自分が着たい服を
探してみたくなりました!

 

服の描写がリアルで楽しい

「あー、こういう格好の人いるいる。」
ってなります笑
主人公の早希が
アンゴラのふわふわニットワンピース”から
生地の風合いがいい”シンプルな白いボタンダウンシャツ”
を選ぶようになる過程をぜひ読んで欲しいです。

あと、私マウンテンパーカー着た男の人大好きなんですよね笑
登場人物のユーヤが着ている場面があるのですが
一気に好きになりました。

 

登場人物が魅力的

ここまで紹介した早希とユーヤも魅力的なのですが、
私が特に好きだったのは、
早希の幼馴染で人気タレントのだりあ。

幼稚園児の時は、出会ったばかりの早希に
薔薇のトゲを握らせるような女の子でしたが(笑)
本当は芯の強い女性なんです。
だりあの、自分の人生に対する想いを
早希に話す場面があるのですが、
とてもグッときます。

今まで抱えた気持ちを糧に生きてやろう
って思いました!

 

やっぱり服が好き

タンスやクローゼットのいろんな服を見てると
「あの時私はこういう自分になりたかったなー」
って思ったりしませんか?

ちょっと大人っぽい服を着たい時期があったり、
少し変化球なものに挑戦したときもあったり。
自分の好きな服や似合う服が分からなくなることもありますが、
それも含めて服選びを楽しみたい!

たかがおしゃれ。されどおしゃれ。です
ファストファッションや安い服も好きですが、
良いなと思った服を奮発して買って着ると
自尊心が生まれませんか?

そんな服を着て、背筋を伸ばして歩いていると
魅力的に見えてくるのかなーって思ったりしました!

 

今日は服と本の話をしてみました。
個人的にとても楽しかったです。
そして買い物に出かけたい(笑)
それではまた~!