大学延長戦

大学4年生にして就活を1年辞めることを決意しました。この1年で感じたことを書きます。働くことと親子関係のことがメインです。ときどき本の感想も書いてみます。

居酒屋のバイト中に気付いた後輩に仕事を教えるときの大前提

~居酒屋のバイト4年目にして
6月に新人指導した話~

 

みなさんこんにちは!
河野サクラです。
今日は少し趣向を変えて居酒屋のバイトのことを書きます!


バイトが好きな人、後輩に仕事を教える立場の人、逆に先輩から教わる立場の人にも読んで欲しいです(^^)

 

アルバイターだった大学生活

今は居酒屋と塾のアルバイトを掛け持ちしていますが、いろんなバイトを経験しました!

コンビニ、結婚式の派遣スタッフ、放送局の雑用、焼肉屋さんなどなど

いろいろなバイトに手を出した理由は
飽きやすい性格と、
毎月家にお金を入れていたというのがありますが、一番は働くの好きなんですよね笑(バイトですが…)

中でも好きなアルバイトは居酒屋!
品川駅にある山陰料理を取り扱っている店なのですが、
大学1年生の5月から今も続けているので
丸3年で今年で4年目になりました!

f:id:etangsept:20180713150638j:plain

4年目にもなると、後輩の指導をする機会が増えました。

今までは先輩がやっていたのですが、
先輩も一人しかいなくなってしまい、6月に入った新人くんを私も指導することになりました!

 

 新人くんの指導

なんと新人くんは
大学4年生でタメでした笑
以前スーパーでバイトした経験もあるらしく分からないことはどんどん聞いてくる素直な人でした。

しかし、掘りごたつの中を雑巾で拭く掃除を任せると、マドラーが残っていたり、

宴会の大皿料理を
「そのまま出して」と言ったのに、
小分けに出してしまうというようなことがありました。

 

前提のズレ

その時気付いたのは新人くんと私の前提が違っていたということでした。

例えば掘りごたつの拭き掃除ですが、
私にとって拭き掃除は「雑巾で拭きながらゴミもとる」ということです。

しかし、新人くんにとっては
「掘りごたつの中を拭く作業」に過ぎなかったのかもしれません。

大皿料理をそのまま出してと言ったことにも認識のズレがあったのだと思います。

このことをきっかけに、
新人くんに指導をするときは
前提を揃えることがまず大事なのだと気づきました!

 

まとめ

この前提を合わせるという作業は塾のアルバイトでもめちゃくちゃ使えます。
どこまで理解しているのかが分かると
教える時間を短縮できます!

逆に先輩から仕事を教わる立場の人は

「どんな前提を基に、先輩がこの発言をしているのか」

というのを少し意識するといいのではないのかなと思いました!

ではまた!